〝雲隠れ〟木下富美子都議が4か月ぶりに登庁 無言で「SDGs東京」の控室へ

2021年11月09日 11時50分

久しぶりに姿を見せた木下都議(東スポWeb)
久しぶりに姿を見せた木下都議(東スポWeb)

 無免許運転で人身事故を起こしながらも議員辞職を拒否している木下富美子都議(55)が9日、約4か月ぶりに都議会に姿を現した。

 7月の都議選で再選して以来、事故判明で雲隠れしていた木下氏。午前11時前に自身の一人会派「SDGs東京」の控室に入った。この後、午後には議長、副議長に欠席していた事情を説明し、委員会に出席する予定だ。

 体調不良を理由に長期欠席していただけに当日のドタキャンも懸念されたが、まず登庁はした。多くの報道陣が詰めかけているが、木下氏は現時点で会見や取材対応するかは不明で、都議会内では説明がないままの委員会参加は筋が通らないとして、反発があり、混乱が予想される。

関連タグ:

ピックアップ