〝消費期限切れ〟松下奈緒「ドクターX」出演で再ブレークのチャンス到来

2021年11月09日 06時15分

松下奈緒(東スポWeb)
松下奈緒(東スポWeb)

 女優の松下奈緒(36)が、11日放送の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第5話にゲスト出演する。

 松下が演じるのは、ナース版・大門未知子とも言えるフリーランスのスーパー看護師・那須田灯(なすだ・あかり)。看護師としての腕は超一流で、過去に一緒にオペをした未知子も一目置く存在だ。ただ、患者以外の人間に対しては態度が横柄で、病院内で起きた〝事件〟をきっかけに未知子と真っ向から対立することになってしまう。

「米倉と松下は今回が初めての共演になります。ともに長身でサバサバ系、しかも主役クラスなので、これまで同じ作品でキャスティングに名前が挙がることはありませんでした。ところが、今回、松下が強烈なキャラの脇役として出演が決定。インパクトを残せたら、スピンオフドラマ『ナースX~看護師・那須田灯~』が検討される方向です」(テレ朝関係者)

 良家の子女として育った松下は、東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業という経歴をひっさげて芸能界入り。

 2010年度前期のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインを務め、同年には紅白司会も務めるなど一躍大ブレークしたが、その後の主演ドラマは苦戦気味。「早海さんと呼ばれる日」(12年)、「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」(13年)、「早子先生、結婚するって本当ですか?」(16年)、「アライブ がん専門医のカルテ」(20年、すべてフジテレビ系)はパッとしなかった。

「朝ドラヒロインの〝消費期限〟は切れましたね。ただ、亀梨和也主演の1月期の連ドラ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)でも脇役でしたが、存在感を示しましたし、今回の『ドクターX』でも爪跡を残せれば、女優として新境地開拓となるかもしれません」(芸能関係者)

 朝ドラヒロインの再ブレークなるか――。

関連タグ:

ピックアップ