大阪吉本の注目株・ビスケットブラザーズ 今年のキングオブコントに「絶望とかはなかった」

2021年11月07日 05時15分

インタビューに応じた、きん(上)と原田泰雅のビスケットブラザーズ(東スポWeb)
インタビューに応じた、きん(上)と原田泰雅のビスケットブラザーズ(東スポWeb)

 きん(30)と原田泰雅(29)の巨漢2人が繰り広げるインパクト抜群のコントで第51回NHK上方漫才コンテストを制したお笑いコンビのビスケットブラザーズ。上方お笑い界の注目株が目標に掲げるのは、コント日本一決定戦のキングオブコントで優勝することだ。残念ながら今年は準々決勝で敗れてしまった2人だが、史上最高の大会と評された決勝はどう映ったのか――。


【ビスケットブラザーズ・インタビュー前編】

 ――NHK上方漫才コンテストではキャバクラネタで優勝。よく行ってる?

 原田 いやいや、行ってません(笑い)。僕、キャバクラでボーイみたいなことしてたんすよ。ネタを作るときはあんまり観察とかはしなくて、妄想とか「こんなんおったら面白いな、腹立つな」とかが多いですね。

 ――常々「自分たちが面白いと思うことをやっている」と話している

 きん お客さんに合わせるプロもいますが、僕らの強みはそっちなのかなと思いますね。

 原田 ネタ考えてる時も、お客さんを笑かすのは後ですね。そもそも好きなことをやろうとして、それをどう笑ってもらえるか。原型で笑いを求めると、ゼロ笑いを連発してしまう気がします。

 ――昨年もytv漫才新人賞を制している。芸人人生は想定通りか

 原田 全然順調ちゃいますよ。11年目でこの感じですけど(お笑いに)入ってきた時は「俺こそ最強」と思ってたんで。歴代の方々なんて、ダウンタウンさんは早々に東京に出て行ってるし、オリエンタルラジオさんとかもNSC時代から弾けてましたからね。

 きん イメージは、僕らの芸歴引く5年でできてたら超順調な気はします。

 原田 5年は回り道じゃなくて必要ではあったと思いますけど、5年前は必要なんて思ってなかった。

 きん 何かを見据えたというより、もがいてましたね。やめた同期もいっぱいいるし。

 ――今後の目標にキングオブコント優勝を掲げている。今年は残念だったが、ハイレベルと言われた今大会を外から見てどうだった

 原田 準々決勝で負けたやつが何言うてんねんって言われるかもしれないですけど「キツイな」とは感じなかったですね。新しい審査の基準で、あの空間で試してみたかった。どうウケて、どういう評価をされたんやろってのが一番ですね。今年出てたメンバーは同年代で、ふだん一緒にやってますからね。「コイツらに勝てへんわ」って思うようなら、もうとっくにやめてますね。だから絶望したとかは全然なくて、来年は絶対出て優勝しようと思いましたね。

 きん クオリティーは高まってる気はしますね。空気階段もそうでしたけど、毎年、優勝する人って空気をつかむ。平均は上がってるけど、僕らってその平均とかぶらない感じがするので、絶望とかはなかったですね。


 ☆きん 1991年4月27日生まれ。香川県丸亀市出身。趣味は野球。阪神の秋山拓巳投手は小学校の同級生で同じ野球チームだった。

 ☆はらだ・たいが 1992年1月10日生まれ。大阪府岸和田市出身。趣味は漫画。コントで見せるクセの強いキャラが人気。

関連タグ:
 

ピックアップ