金子恵美氏 “ポスト枝野” 蓮舫らはNG「民主党時代の総括ができていない」

2021年11月02日 21時55分

金子恵美氏(東スポWeb)
金子恵美氏(東スポWeb)

 元衆議院議員でタレントの金子恵美氏(43)が2日、TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。〝ポスト枝野〟への私見を述べた。

 衆院選で敗北した立憲民主党の枝野幸男氏が辞任の意向を表明したことで後任人事に注目が集まっている。

 ネットで目立つ蓮舫氏のほか、ベテランの玄葉光一郎元外務大臣、小川淳也氏らの名前が挙がっている。

 金子氏は「いま、名前が挙がっている蓮舫さんとか、枝野さんもそうですけど、旧民主党の色が見える限りは、なかなか受け皿となっていくのは難しいかな」と〝候補者〟にダメ出し。「民主党時代の総括ができていない。国民の中であの3年間(2009~12年)を思い出してしまう」と話した。

 続けて「小川さんとかは目新しさはあるかもしれないけど、代表って選挙に強い人であればいい」と新リーダーに必要なのは選挙での強さだと強調し、政調会長の泉健太(京都3区)を「本当に選挙に強い」と猛プッシュ。さらに「その泉さんを唯一破ったのが(夫の)宮崎謙介なんです」と説明すると、MCのふかわりょうは「放り込んできました」コメント。スタジオは笑いに包まれた。

 衆院選の結果について「立民は自民党の受け皿になれず、維新に票が流れた」と分析した。

関連タグ:

ピックアップ