三浦瑠麗氏 選挙特番チクリ「『怒らせねばメンツが立たない』という風潮は意味わからんね」

2021年11月01日 15時00分

三浦瑠麗氏(東スポWeb)
三浦瑠麗氏(東スポWeb)

 政治学者の三浦瑠麗氏(41)が1日、ツイッターを更新。今回の総選挙で話題になったテレビ局の選挙特番について持論を語った。

「別に、政治家を怒らせないようにしようなんて1ミリも思ったことないけれど、地上波の『なんとかして怒らせねば自分らのメンツが立たない』という風潮は意味わからんね。相手の話を聞かなければ質問の意味がないじゃん。相手の話を聞くってのは相手にとって本質的な問題を真っ向から聞くってことだよ」「要は、聞きたいことがないんだね。あれは。」とツイートした。

 TBSの選挙特番に出演した爆笑問題・太田光が二階俊博自民党前幹事長を怒らせるなど、選挙の結果のみならず選挙放送も大きな注目を集めた。開票日当日、ニコニコ生放送の選挙番組に出ていた三浦氏は「わたしはネットの開票特番の司会やってたのでテレビ見てないし、特定の番組について言ってるんじゃないよ。」としつつ、「ずいぶん前から地上波は、忖度か怒らせか。どっちかみたいな雰囲気があるじゃない? ってはなし。あと明示的に言われたこともありますね。政治家は怒らせて帰さなきゃって。そう?と思ったけど。」と各テレビ局の姿勢に物申した。

関連タグ:
 

ピックアップ