河野太郎氏が失言狙いの質問を華麗にかわす 古市憲寿氏から総裁選〝石破質問〟

2021年10月31日 23時58分

さすが広報本部長!(東スポWeb)
さすが広報本部長!(東スポWeb)

 自民党広報本部長の河野太郎氏が31日、「Live選挙サンデー【宮根加藤がわかりやすく徹底速報! 強者ゲストVS政治家】」(フジテレビ系)に出演。舌鋒鋭いコメンテーター陣の質問をかわしまくった。

 河野氏は自民党総裁選で現首相の岸田文雄氏に敗れたことで、出番は総選挙のみと揶揄される広報本部長に就任。選挙戦では応援のため全国を駆けまわった。

 しかし、速報で自民党が40議席減らすとの見通しが出たことに、「まだ競っている選挙区があるので、最終的な予測はできない。応援で全国を回ってきましたので、1人でも多くの仲間に当選してほしいと思います」と無難な回答。

 さらに「俺が総理だったらと思います?」と単刀直入に聞かれると、今度は「たらればの話は評論家にお願いいたします」と話し、ヒラリとかわした。

 その後も、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏から「自民党内には遠くで見る河野太郎と、間近で見る河野太郎は違うという声がある。自覚はあるか?」と聞かれて、「いろんな考えの人がいるし、メガネの度が合わない人もいるんだと思います」と質問の主旨をかわしつつ謎の珍回答。

 また、社会学者の古市憲寿氏から浴びせられた「総裁選で石破さんと組んだことは失敗だと思いますか?」との質問には、「全く思いません!」とバッサリ一刀両断してみせた。

関連タグ:

ピックアップ