【衆院選】自民・二階俊博前幹事長が貫禄の13回目当選 岸田首相への“ニラミ”続く

2021年10月31日 20時05分

党内での巻き返しも狙う二階氏(東スポWeb)
党内での巻き返しも狙う二階氏(東スポWeb)

 衆院選が31日投開票され、和歌山3区から立候補した自民党の二階俊博前幹事長(82)は危なげなく圧勝。13回目の当選を確実にした。

 自民党幹事長として、永田町で権勢を振るった二階氏だが、天敵で知られる岸田文雄首相(64)の誕生で、幹事長を退き、党内でも力を失いつつあった。選挙前には勇退、三男に地盤を譲る話も持ち上がったが、公認で保証が得られないとあって、自身の立候補となっていた。

 二階派VS岸田派の暗闘は続くとあって、ソデにされ続けている二階氏が逆襲に出る可能性があり、岸田首相は難しいかじ取りを迫られる。

関連タグ:
 

ピックアップ