霜降り粗品 競馬・天皇賞・秋で120万円負ける「どうも生涯収支マイナス1億円くんです」

2021年10月31日 18時18分

ダメージが大きい粗品(東スポWeb)
ダメージが大きい粗品(東スポWeb)

 お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品が31日、自身のユーチューブ「粗品Offcial Channel」を更新。中央競馬のGⅠ天皇賞・秋で惨敗したことを報告した。

 ぼさぼさの髪でカメラの前に現れた粗品は「どうも生涯収支マイナス1億円くんです」とあいさつ。続けて「昨日動画で出したんですけど、天皇賞の予想、本命がコントレイルで、コントレイル頭の3連単12点の買い目を発表しました。今日のレースご覧になった方は分かると思うんですが、予想は外れまして。ですから、もし馬券を買っていたらめちゃくちゃ負けてたことになるんですけども…。買いました。実は馬券を買いました」と打ち明けた。

 粗品曰く、馬券を買ったときに限って負けるため、前日30日のアップした予想動画では「買わない」と宣言。しかし、それで「僕が買わない世界に」なったと勘違いし、ついつい購入してしまったという。

 総額なんと120万円。その外れ馬券をカメラに見せた粗品は「お母さんに電話しました。ショックなんですけど、競馬また来週あるんで、切り替えていきたいなと思います。…すいません」と言うなり、奇声を挙げて倒れこみ動画は終了した。

関連タグ:
 

ピックアップ