大川成美が髪を切ってイメチェンアピール「始球式やりたい。投げるのも打つのも大丈夫」

2021年10月31日 17時38分

ショートカットになった大川成美(東スポWeb)
ショートカットになった大川成美(東スポWeb)

 タレントの大川成美(31)が30日、DVD「大成」(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを東京・書泉ブックタワーで開催した。

 11枚目の作品はファンとイケナイ関係になってしまうストーリー。泡ブラ、ロデオマシン、セクシーなウエディング衣装など〝初めて尽くし〟。大川は「事務所を辞めてフリーになったので、新しいことをやってみようと思いました。ずっと長かった髪も30センチばっさり切ってショートカットにしました」とイメチェンをアピールした。

 作品中では河川敷でキャッチボールするシーンも収録されている。「もともとソフトボールをやっていて(高校時代には)千葉県代表として国体に出場しています。それを生かしました」

 過去に稲村亜美、ティモンディの高岸宏行と対決したこともあるそうで「始球式をやってみたい!ユーチューブの企画で球速を測ったら90キロくらいだったかな。110キロ出せば女性芸能人最速ですかね?ピッチャーもやっていたので(投げるのは)上からでも下からでも、打つのも大丈夫。ど真ん中に決めます」と自信たっぷり。「最近、野球系女子が増えていますけど負けたくないです」と力を込めた。

 フリーになり〝縛り〟がなくなったことで、いろいろな分野へのチャレンジを掲げる。「ラウンドガールのオーディションではファンの皆さんの応援のおかげでムエタイの『BOMガール』として1年間活動することになりました」とファンに感謝。「太陽の戦士レオーナ」などアクション女優としても知られるだけに「試合とか大会を生で見るとめちゃくちゃ面白いなと思います。ムエタイに挑戦してみたい。一回、習いにいこうと思います」と〝格闘家デビュー〟への意欲もチラリと見せた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ