小室圭さん“金銭問題”カオス化は初動ミス 本村弁護士「双方弁護士を立てれば解決できた」

2021年10月27日 16時56分

ズバリ指摘した本村弁護士(東スポWeb)
ズバリ指摘した本村弁護士(東スポWeb)

 27日放送の読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では26日に結婚した秋篠宮家の眞子さんと小室圭さんの今後について議論が展開された。

 騒動の発端となった小室さんの母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルについて、皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「この問題が報道された時の小室家側の対応がまずかった。最初はお金の問題だったが、そのうちお金の問題ではなくなってきた」と振り返り「今ではどうして欲しいの分からなくなってきて、とにかく佳代さんに会いたいということをおっしゃっている」と首をひねった。

 佳代さんは元婚約者との対面を拒否しているが、山下氏は「代理人同士で話し合って、例えば1回会って、お礼の言葉を述べるとか、しっかり決めておけば佳代さんも会う気持ちになるのでは」と私見を述べた。

 弁護士の本村健太郎氏は「本当なら双方弁護士を立てれば解決できていたが、元婚約者側は(代理人として)週刊誌を間に立てているから、難しくなっている」と指摘。情報漏えいなどの恐れがあり、交渉が進展しないとし、弁護士同士の話し合いにならないと泥沼から抜け出せないという見解を示した。

 小室圭さんは金銭問題について「元婚約者の方から前向きな返事をいただいている」としていたが、番組が元婚約者を取材したところ「金銭問題は進展していない」と回答したという。

関連タグ:

ピックアップ