宮川大輔がマジ号泣! 放送禁止レベルのギネス世界記録に挑戦「もう2度とやらへん」

2021年10月17日 00時29分

苦悶の表情を浮かべる宮川(ユーチューブチャンネル「宮川大輔のコレちゃうんちゃうん」より)
苦悶の表情を浮かべる宮川(ユーチューブチャンネル「宮川大輔のコレちゃうんちゃうん」より)

 お笑い芸人の宮川大輔(49)が16日、自身のユーチューブチャンネル「宮川大輔のコレちゃうんちゃうん」を更新し、衝撃のギネス世界記録に挑戦した。

 宮川は2017年にマシュマロキャッチで世界一になっているが、すでに別人に更新され、現在は〝無冠〟。そこで今回は「ズボンのチャックを30秒間上げ下げする」ことに挑戦。世界記録は204回だという。

 宮川は「いけると思う」と自信満々。試しに10秒間やったところ55回だった。宮川はスタッフの勧めでチャックがなめらかな作業ズボンに履き替え、いざ本番!

 苦悶の表情を浮かべながら、チャックを激しく上下させる映像は様ざまなイメージを呼び起こす。番組関係者によると「地上波では放送禁止か、下半身にモザイクがかかる」とのこと。

 それでも「世界記録出すから、見といて!」と宣言していた宮川は全力でチャックを上下させた。ところが、高速運動で腕がしんどくなり、後半はバテバテに。結果は「154回」だった。

 納得いかない宮川は再挑戦。「おらぁー」「カラダ動けぇ」と絶叫しながらやったが「175回」だった。さらに泣きの1回で再び挑戦したが、あえなく撃チン…。

 闘いを終えた宮川は「ちぎれそう」「いつか挟む」とポツリ。そして、事前に練習したり、ズボン選びをすることはフェアじゃないことに気付き「ごめん! これは負けた」と敗北宣言だ。

 すると宮川は「もう2度とやらへんこれ。さびしいけど。もっともっとやっていきたいけど、これ…」と語り、突然号泣。メガネを外し「最後の3回目はコツ掴んでたけど。もうやめとく。もう2度とせえへん。勝ったところで『何回もやってるやんけ』ってなる。1回で越えていきたかった。すいません」と絞り出すように話した。

 動画のコメント欄には「めちゃくちゃ面白い」「笑いすぎて涙出た」など、宮川の健闘を賞賛する声が寄せられている。

関連タグ:

ピックアップ