流れ星・TAKIUEが44位の山本一太群馬県知事を擁護「毎年イジられてたらそら嫌なる」

2021年10月13日 14時02分

モノ申したTAKIUE(東スポWeb)
モノ申したTAKIUE(東スポWeb)

 お笑いコンビ「流れ星☆」のTAKIUEが13日、ツイッターを更新。全国都道府県魅力度ランキングの低評価で群馬県の山本一太知事が法的措置を含めた検討を始めたという話題に言及した。

 魅力度ランキングは民間シンクタンク「ブランド総合研究所」が毎年公表するもので、群馬県は44位と前年の40位からランキングが下がった。これに対し山本知事は12日の会見で「根拠不明確なランキンによって県に魅力がないという誤った認識が広まる。県民に対し失礼」などと反発。観光業などに経済的な悪影響を与える可能性があるとし、今後は法的措置も検討するという。

 山本知事の姿勢には「大人気ない」「まともに受け止める方がおかしい」などとネット上で批判的な声が出ているが、TAKIUEは「コンプライアンスの厳しい時代なんだからこういう出方もアリだと思う。関係性のない奴から毎年イジられてたらそら嫌になる」と一定の理解を示した。

 その上で「例えばトップ10だけ発表するとかだったら皆幸せにならない?そうすると我が岐阜県は一生ランキング外で名前出なくなるけど」と提案した。

 流れ星☆は岐阜県出身。同県の観光大使を務めており、今年は36位と微妙な位置にランキングされた。

関連タグ:

ピックアップ