MAX体重65キロからの挑戦 日里麻美がグラビア界〝二冠〟を目指すワケ

2021年10月12日 11時20分

挑戦を続ける日里麻美
挑戦を続ける日里麻美

 ミス東スポ2017のグラビアアイドル・日里麻美(ひさと・あさみ、36=T162・B95・W65・H95)が「ミスFLASH2022」のファイナリストに進出し、“35歳オーバー”として話題となっている。前人未到の“ミス東スポ&ミスFLASH”の2冠獲得を目指した理由とは? 心境を激白した――。

 9月に行われたミスFLASHファイナリスト発表会見で報道陣の注目を集めたのが“崖っぷち”の日里だった。敗者復活でファイナリスト15人に滑り込み、ほぼ20代が占める中、36歳は奮闘しているのだ。

 日里は「ぶっちゃけ、優勝はキツイです(笑い)」と言うが、なぜ今回挑戦したのか? 理由は「コロナ禍で自分の存在意義を揺さぶられたから」だという。

「お仕事もだいぶ減ったのも事実で。それでふと『私って、もうグラビアアイドルとして必要ないのかな』と考え込んでしまって。落ちこんだ時もあったんですけど、最終的には『もうちょっとやりたい!』という気持ちになった」と振り返る。その時に目標と決めたのが「2冠挑戦」だった。「ミスFLASHに出ることで、私を知らない人に私を知ってもらうチャンスになる。それはムチャクチャ葛藤がありました。でもラストチャンスだからって。やるだけのことはやろうと。何もしないままだったら、動いた方がいい」

 挑戦を決めてからはボディーメークに取り組んだ。

「ユーチューブで公表してるんですけど、マックスの体重は65キロでした(苦笑)。そこから、ダイエットに取り組んで10キロ落としましたね。毎日スクワットやっています」

 普通、女性が「体重」を公開するのは抵抗があるはずだが、しっかり答える。もう隠すことは何もないほど、覚悟は決まっているというわけだ。

 史上初の快挙になる可能性もある。スポーツ紙と雑誌の2ジャンルにわたってのグランプリ獲得は、これまでどのグラビアアイドルも達成していない。

「つまりは(2018年にM―1優勝、2019年にR―1優勝の2冠となった)お笑いコンビ『霜降り明星』の粗品さんってことですね。粗品さんに並びたいと思います!」と意気込んだ。

 最後には「私、夢があるんです。35歳オーバーのグラドルが集まってグラビアを披露する場を作ること。私は『オトナグラビア』って呼んでます」と明かした日里。グランプリ発表は来年1月予定。2冠達成はなるか。

関連タグ:
 

ピックアップ