ドリカム新曲初登場20位の衝撃 中村正人は異例のCD購入呼びかけ「大粒の涙」

2021年10月06日 19時00分

ドリカムの中村正人(東スポWeb)
ドリカムの中村正人(東スポWeb)

「DREAMS COME TRUE(ドリカム)」の新曲が大変なことになっている。

 先月22日にニューシングル「次のせ~の!で―ON THE GREEN HILL―」をリリース。10月4日付オリコン週間ランキング(9月20日~9月26日)では20位に初登場し、翌週には35位に順位を下げた。デイリーシングルランキングでも初登場11位とドリカムにしては少々物足りない結果だった。

 これに危機感を抱いた中村正人は5日のブログで、コンサートツアーを取り巻く現状を伝えたあと「PS 必死のパッチ・マサからのお願い」として「NEWシングルのCD、ご購入をお考えのベイビーズはなる早のご購入をお勧めします」と呼びかけ。その理由について「ドリカムのCDを取り巻く状況は厳しくCDショップから返品となる前に是非。なんせワースト記録更新なもので(大粒の涙)」と赤裸々につづった。

 ドリカムと言えば、1992年11月発売のアルバム「The Swinging Star」が322万枚の大ヒット。95年7月のシングル「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚のセールスを記録した。時代が違うとはいえ、日本を代表するアーティストであることに変わりはない。

 そのドリカム・中村の悲痛の叫びにファンたちも呼応。「あと2枚くらい買います」「友人に勧めてみます」など、温かい声が届いた。

 これを受け、中村は6日のブログで感謝の言葉を並べ「あんなことまで言うべきかめちゃめちゃ迷ったけど、伝えて良かった」とつづった。

 続けて「CD何枚も買ってくれた人も多数だし、その気持ちにこれまた大粒の涙。ありがとうね。もう買っちゃだめだよ」とも呼びかけ「そのかわり熱血宣伝頼みます。毎回SNSのいいね!やコメもね。この数が人を動かす時代です」とリクエストした。

「ドリカム人気に陰りというわけでは決してない。楽曲のデジタル配信やサブスクが浸透し、CDは完全に冬の時代でレコード会社もお手上げ状態。何らかの〝付加価値〟をつけていくしかない」とは音楽業界関係者。

 緊急事態宣言は明けたとはいえ、新型コロナの影響も大きいだろう。

 ドリカムの告白はそのまま音楽業界の苦境を表しているようだ。

関連タグ:
 

ピックアップ