八代英輝氏と共産党・小池晃氏が「ひるおび!」で対面も“肩透かし”「逆に怖い」

2021年10月05日 13時36分

左から八代氏、小池氏
左から八代氏、小池氏

 5日放送のTBS系情報番組「ひるおび!」には野党4党の幹部が出演。総選挙(31日投開票)に向けた意気込みを語った。

 番組には立憲民主党の福山哲郎幹事長、国民民主党の玉木雄一郎代表、日本維新の会・松井一郎代表、共産党の小池晃書記局長が出演した。

 番組内では松井代表が立民と共産が選挙協力する点について「矛盾を感じる。国会の背骨は外交・安全保障。自衛隊や安保法制を否定している共産党との協力は野合でしかない」と批判。これに対し、小池氏は「その点はしっかり話し合っている。安全保障を安倍政権以前のものに戻すということで一致している」と反論。福山氏も「政権を取った場合は(共産党とは)限定的な閣外協力ということになっている」と同調した。

 一方、視聴者の一部やネット民は番組コメンテーターの八代英輝弁護士と共産党・小池氏の“直接対決”に注目。八代弁護士は9月13日の放送で「共産党は暴力的な革命を党の要綱として廃止していない」と発言し、共産党から猛抗議を受け、番組内で2度にわたって謝罪した。

 ところがこの日、4氏との議論の中に八代弁護士は入らず…。発言の機会すらなく“肩透かし”に終わった。

 これにはネット上で残念がる声のほか「八代さんが忖度した?」「逆に怖い」といった意見が寄せられている。

関連タグ:
 

ピックアップ