橋幸夫が歌手引退決意の一因明かす コロナ禍で異変「ノドの筋力が落ちた」

2021年10月04日 17時03分

歌手引退の決意について語る橋幸夫(東スポWeb)
歌手引退の決意について語る橋幸夫(東スポWeb)

 歌手の橋幸夫(78)が4日、都内にある夢グループ本社で会見を行い、本紙既報通り2023年5月3日の80歳の誕生日を持って「歌手を引退する」と発表した。

 紺色のスーツにネクタイを締めて会見場に現れた橋は、「17歳でデビューして昨年60周年。周りにはいくつになってもやめられないままズルズルと続けている人もいる。私も今年で78歳になった。70歳を超えたあたりから『このまま歌手を続けられるか?』と考えるようになり、夢グループの社長に相談させてもらうなかで、80歳になったら歌手の道だけ引退すると決断した」という。

 昨年来、コロナ禍で歌唱するステージが大幅に減ったことで、ノドの調子に変調が…。専門医から「かつてのハリのある声を取り戻すのが難しい」と告げられたことも〝歌手引退〟を決意する一因になった。

「体調が悪いわけではないけど歌っていると声が割れてしまう。ノドの筋力が落ちていて、トレーニングで元に戻すのも難しいというんです。これまでごまかしごまかし歌っていた部分もあったけど、自分の性格的にこれ以上、そんなことはできない。そういう姿をお客さんに見せたくないと思った」と、決断に至った心境を明かした。

 歌手引退後については「もともと書をやったり絵を描いたりしているので、書や興味のあるスプレーアートを掘り下げてやってみたい。人のためになる仕事もあるかもしれません」。橋自身、認知症を患って88歳で亡くなった母に対する介護体験を講演するなどしているが、本格的に介護に携わる可能性もありそうだ。

関連タグ:

ピックアップ