へずまりゅう氏の〝衆参選挙連投プラン〟が消滅へ

2021年10月04日 15時37分

へずまりゅう氏(東スポWeb)
へずまりゅう氏(東スポWeb)

 次期衆院選が今月19日公示、31日投開票の日程で固まり、参院山口選挙区補選(7日告示、24日投開票)に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)公認で立候補予定の元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう氏(30=本名・原田将大)は衆院選との連投ができなくなった。

 当初、衆院選は最短で今月26日公示、11月7日投開票と予想されていたが、岸田文雄首相(64)は新政権発足の勢いのままに早期に選挙に臨みたい意向で、繰り上げたNHK党の立花孝志党首(54)はへずま氏を参院補選に立候補した後、衆院選での擁立を計画。衆院選26日公示なら中1日で参院補選から衆院選への異例の連投ができるプランだったが、日程が完全に重なることで、不可能となる。

 へずま氏は7日告示の参院補選一本に絞ることになる。

関連タグ:
 

ピックアップ