都民ファーストの会が国政進出 出馬否定の小池氏とは「応援などで連携」

2021年10月03日 15時50分

国政政党「ファーストの会」結党を発表した荒木ちはる氏
国政政党「ファーストの会」結党を発表した荒木ちはる氏

 都民ファーストの会が国政進出することを3日に正式に発表した。党代表の荒木ちはる東京都議が都内で記者会見した。新政党の名前は「ファーストの会」。荒木氏が小池百合子東京都知事と相談して決めたという。

 荒木氏は「国民の1人1人が大事と思うものを守る。このような思いを込めた。あえて前に何かをつけるのではなく、『ファーストの会』と名づけさせてもらいました。小池氏とともに決めさせてもらった」と話した。

 永田町では小池氏が女性初の首相を目指して国政に進出してくるのではないかと戦々恐々とする声が出ている。すでに小池氏は出馬を否定しているがどうなのか。

 荒木氏は「結党に向けて小池氏にも相談させていただいた。小池氏は会見で出馬の意向はないと話したということですが、私たちからも出馬の要請はしていない。応援などさまざまに連携させていただきたい」とだけ話した。

 政党の立ち位置は保守中道だという。「保守本流から離れていく政党や選挙目当てに左旋回を強めていく政党など、この国の分断すら懸念されるなか危機感を持って立ち上げさせていただいた」と荒木氏は説明。

 党代表が荒木氏ということ以外に党役員の人事は公表されなかった。候補者の発表もなし。衆院選に向けて候補者の公募を開始するといい、東京にある25の小選挙区で擁立を目指すという。現職都議から転身する可能性については否定せず。荒木氏は「メディアの方々もぜひ私たちのチャレンジに御参画をいただくことも考えてほしい」と報道陣に呼び掛けることすらした。

 結党するということ以外に詳細は会見で出なかった。果たして7月の都議選に続く小池劇場となるのかどうか。

関連タグ:

ピックアップ