ハライチ岩井勇気 相方・澤部に「目標50万部」の著書を渡さないワケ

2021年09月27日 20時50分

自著をPRしたハライチ岩井(東スポWeb)
自著をPRしたハライチ岩井(東スポWeb)

 お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気(35)が27日、都内で著書「どうやら僕の日常生活はまちがっている」刊行記念記者会見を行った。

 前作「僕の人生には事件が起きない」は累計10万部を突破し、今作は2年ぶりとなる待望エッセイ第2弾。エッセイに加え、小説執筆にも初挑戦している。出版にあたり岩井は「2冊目が本当のスタート。1冊目は素振りというかね。素振りで10万いっちゃったなぁというのはありますね(笑い)」とご機嫌だった。

 相方の澤部佑に本を渡したかと問われると「澤部に渡したことはないですね」と即答。理由として「澤部は制作する側の人間じゃないですし、澤部から好評価をいただいてもうれしくないというかね。逆に澤部に刺さっちゃったんだみたいながっくりする部分もある。そういった意味でも渡してないです(笑い)」と明かした。

 50万部を目標に挙げ「10万部売れた時に思ったんですけど、2年間かけて書いたものとして実入りがちょっと少ないなって」とぶっちゃけ。続けて「リアルにギリ50万部あれば、2年いけるなっていう計算でしたね。10万部の印税だと、2年生活していけないですよ。ぜいたくしなくても。出版社と事務所かませてるので、最終的にカスみたいなもので(笑い)」とブラックジョークを連発に笑いを誘っていた。

【関連記事】

関連タグ: