小西克哉氏 立民・枝野代表の“1年間所得税ゼロ”に「総裁選報道で埋もれたくないという『あがき』」

2021年09月27日 19時52分

自民党総裁選で立憲民主党は埋没している(東スポWeb)
自民党総裁選で立憲民主党は埋没している(東スポWeb)

 国際ジャーナリストの小西克哉氏が27日、朝日放送「キャスト」に出演。立憲民主党の枝野幸男代表がぶち上げた「所得税1年免除」の公約についてコメントした。

 枝野代表は福岡市での街頭演説で、コロナ拡大を踏まえた経済対策について「年収1000万円ぐらいまでの中間層の所得税を1年間だけ免除する」と発言。また「儲かっている超大企業や大金持ちに応分の負担をしていただく」として、富裕層に対する課税強化で格差是正を図る方針も打ち出した。

 このニュースに小西氏は「これはすごいなあと思いますね。年収1000万円以下の世帯というのは日本の大体9割ぐらいを占めるので、ほぼ大半の世帯の所得税を免除するということになる」と指摘。

「本来はこういったものはもうちょっと後で出すべきものなんだろうけど、連日、自民党の総裁選報道の洪水の中で埋もれたくないという“あがき”のようなものが見えますね」と分析した。

関連タグ:
 

ピックアップ