卒業撤回の猪狩ともか三十路の決意「恋愛、結婚はアイドルやめてから」

2021年09月20日 11時30分

生誕ライブで猪狩ともかに激励メッセージを送った我武者羅應援團(東スポWeb)
生誕ライブで猪狩ともかに激励メッセージを送った我武者羅應援團(東スポWeb)

 地下アイドル「仮面女子」の猪狩ともか(29=スチームガールズ)が19日の生誕ライブ(仮面女子カフェ2部公演)で、「卒業を取りやめる」と発表。ライブ後には〝三十路アイドル〟への決意を語った。

 昨年2月に「6月のワンマンライブをメドに卒業」と発表したが、コロナの影響で同年12月に延期。そこで仮面女子初のアルバム発売が発表された。猪狩が作詞を担当した「ファンファーレ☆」が収録されることから「アルバムの発売、リリースイベントはやり遂げます」と卒業は再延期になった。

 ステージデビュー6年目を迎えた5月23日には「アイドルとして最後の7年目もよろしくお願いします」、生誕ライブの前には「最後の生誕祭になります」とツイートしていたことから、今回のステージで卒業時期が発表されることが予想されていた。しかし、最後のあいさつで「卒業しないことにしました」と卒業撤回を発表。メンバーはバンザイ、会場は拍手に包まれた。

 ライブを終えた猪狩は「卒業しないことを数日前に決めまして、それを発表するなら生誕祭しかない。来てくださっている方もいるし配信もあるから直接たくさんの方に伝えられるチャンスだと思いました」とコメント。「それ(発表)が最後に待っていると思うとソワソワが止まらなかった。でもライブ、ジャンピン☆ベイベー、ハピ☆バデをメンバー全員でやったりとか、いつもと違う感じで楽しんでやってました」と振り返った。

 今後の目標を聞かれると「ライブは年齢に負けず、今と変わらず元気にパフォーマンスしていきたい」とキッパリ。また「お肌の曲がり角なので、化粧品関係のお仕事もしてみたい」と新たな分野への憧れも口にした。

「一緒のステージに立ち続けられるのがうれしい」と声を揃えるスチガメンバー。橋本友梨英は「ファンファーレ☆が好きなので、仮面女子曲をもっと増やして」とリクエスト、小島夕佳は「コロナの影響で遠征も行けずアルバムのリリースイベントもあまりできなかった。でも裏を返せば、それで考える時間ができた。続けてくれて、ただただうれしいという気持ちがあります。仮面女子の曲も増えていくと思いますし、遠征やリリイベで全国各地に行きたい」と話した。

 12月9日には30歳の誕生日を迎える。「そうなんです、ビックリですよね。昔の自分、18歳くらいのころには30歳になったら3人くらい子供がいると思っていたんですよ。まさか30歳になってアイドルやっているなんて、高校生時代には思っていないですよね」(猪狩)

 同グループは条件付き恋愛OKのルールだから、結婚して3人の子供をもうけても問題ないが、猪狩は「いやいやいや、応援してくださっている皆さんがいる以上それはよくないなと思うので、恋愛や結婚は卒業してからにします」と〝王道路線〟継続を誓った。

「今回は卒業しないと決めたが、(卒業が)いつになるのかなというのは、みんながあるかも。40歳でアイドルやっている人っている?」と話す猪狩。水野ふえから「40歳になってもできる。あと10年!」とハッパをかけられると「いや~、40歳までやるの?『体力的にしんどいので1曲だけでいいですか』とか?」と返し、さらに「すっげぇ心配されてるなあ。頑張るよ30歳」と三十路の決意で笑わせた。

関連タグ:

ピックアップ