sherbet・河路由希子「フレッシュなNEOに追い越されそうで怖い」

2021年09月18日 21時30分

オープニングアクトを務めたsherbet NEO(東スポWeb)
オープニングアクトを務めたsherbet NEO(東スポWeb)

 アイドルユニット「sherbet」の妹分「sherbet NEO」が18日、東京・品川のステラボールで行われた全国11都市ワンマンツアー「Crystal Memories」のオープニングアクトを務めた。

 この日のファイナル公演をもってライブ活動を休止するsherbetの〝後継者〟として期待される「NEO」。今年春からオーディションを行い、6月に候補生(2チーム)を発表。8月から正式な妹分ユニットとして活動をスタートした。元仮面女子のダンスリーダーだった水沢まいがリーダーを務め、振り付けも担当していることで注目されている。

 ライブ前の取材でNEOの可能性を聞かれたsherbetの河路由希子は「ステージを何度か見させていだいたんですけれども、動きがそろっていた。私たちは個性的でキラキラなんですけど、NEOフレッシュな感じがでていた。もう少し個性を出してもいいと思う」とコメント。「追い越されそうで怖いなという気持ちはありますけど、今日のステージでsherbetはこうなんだぞというのを見せてあげたい」と路線引き継ぎを願いエールを送った。

 リーダーの犬童美乃梨はファイナル公演について「活動が休止なわけではなくライブ活動を休止するということです。sherbetがなくなるわけではないので、シャベチャン(ユーチューブ公式チャンネル)とかイベントは続いていく」と説明。今後は実質的にsherbet後継としてNEOがライブ活動を行う。

 

関連タグ:
 

ピックアップ