東貴博 浅草の名物女将の著書に「爽快感がある」

2021年09月18日 17時11分

左から東貴博、冨永照子(東スポWeb)
左から東貴博、冨永照子(東スポWeb)

 タレント・東MAXこと東貴博(51)が18日、都内で、浅草の老舗蕎麦屋「十和田」の女将・冨永照子さん(84)の著書「おかみの凄知恵 生きづらい世の中を駆けるヒント」の発売記念イベントに出席した。

 冨永さんは1960年代の浅草の街で、2階建てロンドンバスの導入を実現させたり、浅草サンバカーニバルの開催などを進めるなど、浅草の街の発展に尽力。同著には、女性の生き方、仕事や商いのやり方、人間関係などの悩みが吹き飛ぶヒントが収録されている。

 浅草生まれの東MAXは、冨永さんと約30年の付き合いということで、応援団長として登場。

 東MAXは「女将さん(=冨永さん)に言われたら、ふたつ返事で来るしかない」「女将さんは芸人を応援するために、食事券を作ってくれたりした。まぁ、僕はお金があったんですけど…(笑い)」などとあいさつした。

 同著を読んだ感想については「爽快感がある。あっという間に読めちゃう。本当に気持ちのいい本」と解説。

 さらに「浅草は東京五輪、そしてスカイツリーができて盛り上がっていたけど、コロナなどで、それが今は一気に下火になっている。そこで、女将さんが立ち上がりたいと」などと発売の経緯などについても明かした。

関連タグ:
 

ピックアップ