メーガン妃の“天敵”がFOX入り 世界的メディア王が絶賛「才能あふれるジャーナリスト」

2021年09月17日 15時12分

ピアース・モーガン(ロイター)
ピアース・モーガン(ロイター)

 メーガン妃の“天敵”とされる英名物司会者でジャーナリストのピアース・モーガン(56)が、世界的メディア王ルパート・マードック氏率いる「ニューズ・コーポレーション&FOXニュース・メディア」グループ入りすることが決まった。FOXニュースが16日伝えた。

 これによりモーガンは同グループ傘下の米ネット配信番組「FOXネーション」やオーストラリアの「スカイ・ニュース」にレギュラー出演したり、英紙サンや米紙ニューヨーク・ポストなどで執筆するなど活動の場を大きく広げることになるとマードック氏自らコメントを発表した。

 マードック氏は「ピアースはどこの放送局でもほしい人物だが、雇用するには尻込みしてしまう人物でもある」と指摘。歯に衣着せぬ発言や毒舌が魅力である一方、これまで数々の物議を醸してきたことを示した。

 そんなモーガンについて同氏は「とても優れた司会者で、才能あふれるジャーナリストだ」と評し、「人々が思い、感じていることを代弁してくれる」と付け加えた。

 モーガンは今年3月、司会を務めていた英ITV局の情報番組「グッドモーニング・ブリテン」で、メーガン妃がオプラ・ウィンフリーとのインタビュー中、英王室内での人種差別から「自殺も考えた」と発言したことを、「そんな話を私は信じない」などと同妃を猛批判したことで一部視聴者の反発を買い、同番組を降板した。

 モーガンは1994年に29歳でルパート氏によりニューズ・コーポレーション傘下の英紙ニュース・オブ・ザ・ワールドの編集長に任命され、英国の全国紙で最年少の編集長となった。ジャーナリズム以外でも米英の人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」や「ブリテンズ・ゴット・タレント」で審査員も務めるなど、バラエティー番組でも人気を集める。

関連タグ: