舛添要一氏 野田聖子氏総裁選出馬で「1回目で過半数を制する候補は生まれそうにない」

2021年09月16日 18時22分

舛添要一氏
舛添要一氏

 国際政治学者の舛添要一氏(72)が16日、ツイッターで自民党総裁選出馬を表明した野田聖子幹事長代行に言及した。

 野田氏は16日夕に党本部で会見し「必要な推薦人20人を整えていただき出馬することになりました」と語った。

 これに舛添氏は「速報:自民党総裁選、野田聖子幹事長代行も出馬、長老たちの思惑通りだ」と舞台裏の動きを指摘。

 さらに「これで1回目に過半数を制する候補は生まれそうにない。そうなると、決選投票がヤマだ。1回目の1位が勝つとは限らない。派閥が動くのはそのときだ」と総裁選の展開を予想した。

 野田氏が出馬することで、現在最有力候補とされる河野太郎氏が1回目で過半数を取るのは難しくなったとする見方もある。舛添氏も決選投票は確実と考えているようだ。

関連タグ:

ピックアップ