〝センシティブお姉さん〟橋本ひかり改称の〝悲劇〟「画像が表示されないんです」

2021年09月15日 21時12分

橋本ひかり(東スポWeb)

 タレント・橋本ひかり(23)がこのほど、4枚目のイメージ作品「えちえちすぎてごめんなさい」(ラインコミュニケーションズ)発売記念イベントを東京・秋葉原のソフマップで開催した。

「日本一脱げる法学部グラドル」をキャッチフレーズにしてきたが、今年3月に卒業し、芸能活動に専念。コロナ禍で活動が制限されており、今回が卒業後初めてのイベントになった。

 今作で看護師を演じる橋本は「秋葉原の大人のデパートで買った」シースルーのナースコスチュームで登場。「院長先生のように皆さんを誘惑しちゃいます」と笑った。

 作品ではジムでのトレーニング姿、制服なども披露しているが「制服はそろそろ賞味期限かなって思います」とのこと。大学を卒業したことでキャッチフレーズを「法学部グラドル」から「センシティブお姉さん」に変更したという。ところが…。「工夫した自撮り写真をアップしても〝センシティブな内容〟のために非表示になっちゃうものが多いんです」と〝改称の悲劇〟ボヤく。

 それでも〝ギリギリ路線〟は継続。世の男性を楽しませるため、バラエティータレントとしての躍進を誓った。

関連タグ: