今井絵理子参院議員が張り切る「総裁選って何?」と聞かれる機会増

2021年09月06日 20時52分

手話で挨拶した今井絵理子参院議員(東スポWeb)

 菅義偉首相の退陣表明を受けて混戦模様の総裁選(17日告示、29日投開票)で、元「SPEED」メンバーで自民党の今井絵理子参院議員に誰を支持するのかを直撃した。

 今井氏は党内第2派閥の麻生太郎財務相が会長を務める麻生派(53人)に所属している。同派では中堅や若手が同派の河野太郎行革相を推す声がある一方、ベテラン議員は岸田文雄前政調会長に傾斜し、意見が割れている。

 今井氏は6日に国会内で行われた超党派「手話言語法制定を求める集会」に出席。同会には、総裁選の立候補に意欲を示す野田聖子幹事長代行も姿を見せていた。

 終了後、今井氏に総裁選の投票先を聞いてみると「いやいや、まだ決めていません。(候補者の)政策もまだこれからなので、よく見てから決めたいです」と話した。

 今井氏には支援者から「総裁選って何?」と聞かれる機会が多くなったという。こうして現状を受けて「わかりやすく多くの方に知ってもらえるように伝えられたらと思います。総裁選を盛り上げていきたいです」とした。

関連タグ: