中村雅俊&トラウデン直美 SDGs企画アンバサダーに「知らないところから始めていきたい」

2021年09月06日 19時50分

BSテレ東「SDGsウィークアンバサダー」の中村雅俊(左)、トラウデン直美

 俳優の中村雅俊(70)、モデルのトラウデン直美(22)が6日にオンラインで行われた「みんなで考えよう BSテレ東SDGsウィーク」(24~30日)発表記者会見に出席した。

 BSテレ東が「SDGs(Sustainable Development Goais=持続可能な開発目標…貧困の解消など国連で定めた17の目標)」をテーマにした企画として、1週間の間、特番だけでなく、レギュラー番組もSDGsに関連した内容の放送を行う。その企画アンバサダーに中村とトラウデンが起用された。

 中村はアンバサダー就任に「実際にSDGsってどういうことなんだろうと、17の目標を調べたりしてみました。実はみなさん、昔からやっていることとかぶっていることもあるんじゃないかと。私もあまり詳しくないので、知らないというところから始めていきたいと」と話す。

 トラウデンは同局でSDGsの取材にも取り組んでいる。「みなさんと一緒に考えていくためのアシスタントのような気持ちでいます」と語った。

 日常生活で「SDGs」を意識したのは「節電ですね。日常生活のチェックで見つかることがたくさんあります」(中村)、「食事ですね。フードロスを減らすだとか。最近は趣味で畑も始めました」(トラウデン)と明かした。

 25日放送の特番「想い出リバース!~想い出の品をスゴ腕職人が仰天リメイク~」(夜6時30分~)にも出演する。中村は段ボールをリサイクルした財布を実際に作ったそうで、実際にその財布を見せて「ゴミと言われるものがリボーン、リバースする。素晴らしいですよね」と感動していた。

【関連記事】

関連タグ: