坂上忍が愛犬と映画完成イベント登場 動物という存在は「家族だけど、ライフワーク」

2021年09月04日 14時51分

愛犬を抱く坂上忍(右)。左はくっきー!

 タレントの坂上忍(54)、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!(45)らが4日、都内で映画「リクはよわくない」(10月1日公開)の完成披露イベントに出席した。

 同作は、坂上が愛犬・リクとの出会いや別れについて文を書き下ろし、くっきー!がイラストを手がけた絵本をアニメーション映画化。5歳の「ぼく」が、子犬との日々を通していのちの大切さを学ぶ物語だ。

 坂上は「絵本を作っている時は、映画になるとは思っていなかった。声優さんも今忙しい方たち。自分事だけど、他人事みたいな感じ。素直にうれしい」と語った。

 くっきー!は「ハンカチでは足りないので、ぜひバスタオルを準備しておいてくださいね」と笑わせた。

 18匹の動物と一緒に生活している坂上。動物という存在について問われると「家族だけど、ライフワークというか。僕はこの先、何歳までこの仕事をやるかはわからないけど、動物と関わるのは最後までと思っている」などと語った。

 イベントには、坂上の愛犬・テンも参加。冒頭、坂上がステージに登壇すると、スタッフのもとから脱走し、ステージの近くにやって来るプチハプニングも発生し、会場を沸かせた。

関連タグ: