温泉施設の平和を守る映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」がついに完成!酒井「負けてたまるか」

2021年08月26日 20時34分

純烈(左から小田井涼平、白川裕二郎、後上翔太、酒井一圭)
純烈(左から小田井涼平、白川裕二郎、後上翔太、酒井一圭)

 4人組男性歌謡コーラスグループ、純烈(酒井一圭、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平)が26日、都内で行われた映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」(9月10日公開)の完成披露舞台あいさつに参加した。

 純烈が温泉施設の平和を守るヒーロー〝純烈ジャー〟として、温泉の平和を乱す悪と戦う姿を描いている。もともと酒井がテレビ朝日系特撮ドラマ「百獣戦隊ガオレンジャー」に出演したり、白川が「忍風戦隊ハリケンジャー」に出演するなど特撮ヒーローを演じていた。酒井は「ファンの皆さんに応援していただいて紅白歌合戦に出場させていただいた。紅白の向こう側として考えていたのが、『純烈ジャー』でした」と笑みを浮かべた。

 2020年の春にコロナの影響で、主戦場となっている温泉施設やコンサート会場などが閉鎖となり、スケジュールががら空きになった。酒井は「グループの存続をどうするべきかと考えた時、となった時、このまま負けてたまるかと思った。全国を回るコンサートのスケジュールがなくなったのであれば、空いているスケジュールで撮影できる世の中が来れば」と映画構想を練り上げた。

 酒井から話を持ち掛けられた白川は、「またギャグ、ウソかと思った」と振り返った。それでも「スーツアクターの映像を見て、一生懸命やらないとバチが当たると思った」と話した。

関連タグ: