ひろゆき氏が雨上がり解散で率直意見「蛍原さんの回しで面白い部分あまりない」

2021年08月21日 23時16分

蛍原をジャッジしたひろゆき氏
蛍原をジャッジしたひろゆき氏

 実業家のひろゆき氏が20日、自身のユーチューブチャンネルでライブ配信を行い、17日に解散したお笑いコンビ「雨上がり決死隊」について言及した。

 2019年に宮迫博之(51)の闇営業問題が発覚して以来、宮迫はテレビから姿を消しユーチューバーとして活躍。一方の蛍原徹(53)はコンビの冠番組であった「アメトーーク!」の司会を1人でこなしてきた。

 17日、ユーチューブとABEMAで配信された「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」では宮迫、蛍原のほか参加芸人の感情がぶつかり合う場面もあった。

 まず、ひろゆき氏は「蛍原さんの回しで面白かった部分ってあまりない。ぶっちゃけ、僕は蛍原さんがいなくてもアメトーークは成立するなと思った」とジャブ。

 さらに宮迫の闇営業問題について「確かに彼が行ったことは良くないことだと思う。しかし、実際は事務所を通さずに仕事をすること自体普通にあるし、僕らにとってはどうでもいいこと。この問題の本質は、宮迫さんが吉本に嘘をついたことにある。嘘をつかれたことに腹を立てた吉本が横のつながりがあるメディアを通して宮迫を悪者にした」と持論を展開。

 その上で「別に宮迫さんそこまで悪いことしたの?っていうのと、蛍原さん、ぶっちゃけ冠番組作る実力ないよね、っていうのがあるので、あの騒動はいかがなものかな、と僕は思いました」とまとめた。

関連タグ:

ピックアップ