丸山穂高氏 菅政権のコロナ対策に痛烈皮肉「“自粛ガー”のメッキはとっくに剥がれてる」

2021年08月15日 19時20分

丸山穂高議員
丸山穂高議員

 NHK党の丸山穂高副党首(37)が15日、ツイッターを更新。コロナ対策で自粛を呼びかけながらも自らがルールを守らない政府、国会議員、霞が関の官僚、テレビ局を斬った。

 この日、全国戦没者追悼式に党を代表して出席した丸山氏は「さて、、公務が終わり、東京から地方へ」とツイート。続けてネット上で話題となっている「視察中止の考えはない。強い警戒感を持って視察に臨む」「バブル方式で視察する。感染拡大の恐れはないと認識している」などの〝菅話法〟と呼ばれる4句を披露した。

 丸山氏は「どの政府説明もそのまま引用できますね。てか自粛しろといいながら、議員は選挙前で動き回っとるわ、医師会会長や総理も会食したり厚労省や自治体職員も大人数宴会しとるわ、感染者ガーと煽るテレビ局すらオリンピックの打ち上げかよっで、非合理なお題目〝自粛ガー〟のメッキはとっくに剥がれてますな」と皮肉った。

関連タグ:

ピックアップ