家族愛テーマなのに2丁拳銃・小堀「家の場所をあんま覚えていない」発言でドン引き

2021年08月11日 14時02分

左からEPの井内徳次、ちかまろ、小堀、高梨-
左からEPの井内徳次、ちかまろ、小堀、高梨-

 お笑いコンビ・2丁拳銃の小堀裕之(47)、女優のちかまろ(50)、タレントの高梨瑞樹(23)らが11日、東京・渋谷ヒューマントラストシネマで、出演映画「ある家族」公開記念トークショーを行った。

 児童養護施設の一つにあるファミリーホームを舞台にした同作。川崎麻世と野村真美のW主演となっている。

 家族愛をテーマにトークを繰り広げるはずだったが、ちかまろから「家に帰ってないんですよね?」といきなり追及されると、小堀は「僕の話はいいんですよ…。子供4人いるんですから。帰ってないのは帰ってないんですが…」とタジタジ。

 テレビなどで〝クズ芸人〟ぶりが話題になっているが、「最後に帰ったのは、今年だったと思います。帰っていますよ…家の場所をあんま覚えていないんですよ。10年くらい住んでますけど」と釈明した。

 さらに、ちかまろは「家庭にお金を入れてないんですよね?」と追及の手を緩めない。小堀は「人間って慣れがあるみたいで。奥さんもパンチドランカーみたいになってて、帰ってるか帰ってないか分かってないと思います。長男は中央大学法学部に入りましたし、僕を反面教師にしてすくすく育っています」と悪びれる様子はなかった。

 また、小堀は「小学生6年生の女の子もいますけど、ここぞというときにお金を渡している。娘もちゃんとなついてる。『今度(家に)いつ来るの?』『また来てね』と」と言うと、現役大学生の高梨は「この親、きつい」「最低ですね」などとドン引きで、「結婚したくなくなりました」とショックを受けていた。 

 最後に飲み屋の客役で出演する小堀は「ごちゃごちゃ言いましたが…映画はすばらしい」と話すと、市役所の職員役の高梨は「すごく心温まる映画になっている」とアピールしていた。

関連タグ:

ピックアップ