名古屋市民のSKE・須田亜香里も河村市長にダメ出し「親しい人が金メダルを取ってもかじらない」

2021年08月05日 09時45分

河合市長にダメ出ししたSKEの須田亜香里
河合市長にダメ出ししたSKEの須田亜香里

 地元のテレビ番組でも河村たかし名古屋市長(72)の“愚行”に批判一色だ。

 5日に放送されたメ~テレ(名古屋テレビ放送)の情報番組「ドデスカ!」では河村市長がソフトボール日本代表・後藤希友投手(20)の金メダルをかじった問題を取り上げたが、コメンテーターのSKE48・須田亜香里(29)は「これはダメでしょう」と嫌悪感を示した。

 河村市長は4日、名古屋市役所で後藤投手の表敬訪問を受けた際、金メダルをガブリ。SNS上を中心にこの行動に批判が殺到すると「最大の愛情表現だった。迷惑をかけたのであればごめんなさい」というコメントを出した。

 竹田基起アナウンサーから「ごめんなさいで済むことなのかとも思ってしまいますが、名古屋市民としてどう思いますか」と振られた須田は「ダメです」とキッパリ。「私も見てちょっとがっかりと言うか何とも…。怒りではないですけどこれはダメでしょうという気持ちが一番大きかったです。コロナ禍なのでマスクの下を出すだけでも神経を使う。そこからガブリというのはダメです。想像してみたんですけど自分の親しい人が金メダルをとってもかじらなくないですか? カメラが回っていたからサービス精神でやられたのかもしれないですけどやらないでいただきたいなと切に思います」と河村市長の行動に疑問を呈した。

 また同じくコメンテーターとして出演したジャニーズグループ「A.B.C-Z」の河合郁人(33)も「この表現はちょっと考えにくい。『迷惑をかけていたのであれば』という言葉がものすごく僕の中で引っ掛かりますね」と河村市長の謝罪コメントに首をかしげた。

関連タグ: