河村たかし名古屋市長が金メダル噛んで炎上 ソフトボール代表・後藤の表敬訪問で3アウト!

2021年08月04日 16時59分

河村たかし名古屋市長

 名古屋市の河村たかし市長(72)が五輪金メダリストへのとある行為に非難が集中している。

 東京五輪・ソフトボール日本代表で金メダル獲得に大きく貢献した後藤希友投手(20)が4日、地元の名古屋市役所を訪れ、同市長を表敬訪問。金メダル獲得を報告したことが地元メディアで報じられた。

 通常であれば、ほほえましい光景。しかし、河村市長は後藤に金メダルをかけてもらうと、あろうことか金メダルを噛むパフォーマンスを披露したのだ。器物損壊やセクハラ、さらに感染症対策からまさに〝3アウト〟の行為だろう。当然ネット上では「最低だ」「気持ち悪すぎる」「選手の大切なメダルに、しかもおじさんが若い女の子の」と批判が相次いだ。

 ソフトボールはパリ五輪での不採用が決定しており、後藤にとっては最初で最後の五輪メダルとなる可能性もある。

関連タグ: