大島優子&林遣都の結婚でなぜか山田孝之を心配する声

2021年07月29日 12時26分

大島優子と山田孝之

 29日に結婚を発表した女優の大島優子(32)と俳優の林遣都(30)。

 長い友人関係から、2019年に放送されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」で久しぶりに共演したことが交際のきっかけになり、約1年の交際を経て、ゴールインとなったという。

 友人関係のきっかけとなったのが、12年に公開された映画「闇金ウシジマくん」での初共演。当時、大島はAKB48メンバーとして「選抜総選挙」で2年ぶりの1位を獲得。押しも押されもせぬメンバーだった。

 12年といえば、AKB48が結成7年目で、夢に掲げていた初の東京ドーム公演を実現させた年。大島サイドの招待もあり、林はステージで踊る姿を生観戦していた。

 そんな縁もあり、林は大島を〝推しメン〟に挙げていたが、林の事務所先輩で「闇金ウシジマくん」で主演した山田孝之(37)のメンタルが心配されている。

「既婚者の山田ですが、アイドル好きで知られ、元々は〝大島の熱狂的ファン〟。大島の代表的なセンター曲『ヘビーローテーション』をノリノリで踊ったことも一度や二度じゃない。AKBのドキュメンタリー映画を鑑賞して涙を見せるぐらいですから。後輩の林が元推しメンをゲットしたことに、ショックを受けているのではないでしょうか」(映画スタッフ)

 当時、後輩の林にも曲の振り付けを指導していたという山田。AKBの冠番組に番宣なしで出演していたこともあり、ネット上でも〝ガチオタ山田〟に同情の声が集まっている。

関連タグ: