コンドームが救世主!? カヌー修理に使った豪女子銅メダリストが話題

2021年07月29日 09時33分

ジェシカ・フォックス(ロイター)
ジェシカ・フォックス(ロイター)

 東京五輪カヌーのスラローム女子カヤックシングルで銅メダルを獲得したジェシカ・フォックス(豪)が、カヌーの損傷をコンドームで補う見事な修理術を見せ、話題を呼んでいる。

 27日の決勝後、インスタグラムのストーリーズを更新。金メダルを目指す29日のスラローム女子カナディアンシングル準決勝を前に、壊れたカヌーの先端にコンドームをビヨーンと伸ばして被せ、修理する様子を投稿した。「コンドームが修理に使われるとは知らなかったでしょう。非常に伸縮性が強くて。カーボンに滑らかな仕上がりを与えるんです」と記した。

 まさに金メダル級の生活の知恵。豪「ニュースドットコム」など、メディアは「コンドームが五輪選手を救う」と大々的に報じている。

関連タグ:

ピックアップ