再婚・尾野真千子 新夫の影響で「昆虫食」ドップリ? まさかの “目隠しプレー” も

2021年07月27日 05時15分

尾野真千子
尾野真千子

 女優・尾野真千子(39)が今年5月、沖縄で会社を営む一般男性A氏と再婚していたと「NEWSポストセブン」が26日に報じている。

 尾野は2015年から昨年にかけて沖縄の今帰仁村に琉球古民家を建築しているが、同地に通うにつれ、A氏と親密になっていったようだ。尾野の所属事務所は同ニュースサイトの取材に対し、再婚を認めている。

 ワイドショー関係者の話。

「A氏の会社は産業廃棄物処理や家庭ごみの回収、リサイクル業などを手掛けています。特徴的なのがSDGs(持続可能な開発目標)を意識していること。A氏は、沖縄の大自然を守るために環境にやさしいビジネスが信条なんです」

 もともと尾野も奈良県の山奥で育った大自然派。そんな2人が意気投合するのも当然の成り行きだったのかもしれない。尾野と言えば、2015年に一般男性と結婚。2年後に離婚しているため、2度目のゴールインとなった。

 ただ、気になることもある。ナチュラリストのA氏は昆虫食にも積極的なのだが、尾野は同氏のユーチューブで、よく昆虫を食べさせられているのだ。

「アブやハエの幼虫を粉末にしたものを尾野がペロリとなめる動画では『おいしいとは思わない~』と顔をしかめていますし、他の動画ではバッファローワームを目隠しされながら『1匹だけ。こえ~』とビビりながら食べさせられています。ところが、回を重ねるごとに、尾野もまんざらでもない感じになっているんですよ」(芸能関係者)

 もちろん、それらはタンパク質が豊富で栄養価も高いだけに、何ら問題はないのだが…。

「尾野がドラマや映画の主演になったら、差し入れに昆虫が出てきたりして」(前同)

 ロケ現場が盛り上がりそうだ。

関連タグ: