松山千春 東京五輪の聖火を「大阪(大坂)がつけたらいけない」と開会式メッタ斬り

2021年07月26日 17時17分

松山千春
松山千春

 歌手の松山千春(65)が、25日夜の冠ラジオ生番組「松山千春のON THE RADIO」で、先週末の東京五輪開会式をメッタ斬りした。

 残念がるのは「いわゆる〝東京な日本〟を感じてもらえるような」演出がなかったこと。「東京の文化、芸能に対する知見というかな、なんかレベルが低いぞみたいな感じがする」と斬り捨て、聖火最終点火者の人選にも物申した。

「別に大坂なおみでいいんだけど、東京オリンピックなんだから、大坂(大阪)が火をつけたらいけないよなぁ。やっぱり東京に関するような人がなぁ、最終点火者としてやってもらいたかった」とポツリ。大坂のことは「テニスで一生懸命プレーしてくれれば全然構わないことなんだから」とフォローしつつも、「やっぱりそれだったらアレだよなぁ、メジャーリーグやってるけど大谷(翔平)連れてきてなぁ、大谷に最終点火者をやらしたほうがよかったがなぁ」と指摘した。

 続けて、松山は「ま、エンジェルスは試合中かもしんないけど、優勝争いもしてないしなぁ。じゃ1日2日、『日本のためにちょっと帰って来てくれ』つったら絶対スケジュールは取れたと思いますよ」と話した。

関連タグ:
 

ピックアップ