蓮舫議員 堀米祝福の投稿批判に反論「選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」

2021年07月25日 16時29分

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫議員(53)が東京五輪の選手への応援に対する批判に反論した。

 蓮舫議員ら立民はこれまで五輪反対の立場だったが、25日にはツイッターに「堀米雄斗選手、素晴らしいです!ワクワクしました!」とスケートボードのストリートで金メダルを獲得した堀米を祝福する投稿をした。

 これにネット民からは「2日前まで反対してたのに」「応援しなくていいです」など批判的なコメントが殺到。蓮舫議員は「五輪で健闘された選手へのTweetに『反対してたのに』と言う反応がありますが、選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」とあくまで五輪開催反対の立場と選手を応援するのは別と説明した。

 その上で「感染拡大の最中、今でもこの東京五輪強行の政府と東京都、組織委員会、IOCの判断には反対です。菅総理には国民の命と暮らしを守るリスク管理ができていません」とあくまで現在の状況での開催には反対の立場であることを明かした。

関連タグ:

ピックアップ