ラーメンズ・小林賢太郎氏の元相方・片桐仁が謝罪「若気の至りとは言えない、非常識な人間だったと思います」

2021年07月22日 23時19分

23年前のコントを謝罪した片桐仁

 東京五輪・パラリンピック開閉会式の制作・演出を手掛けていた元お笑いコンビ「ラーメンズ」の小林賢太郎氏が解任されたことを受けて、元相方の片桐仁が22日深夜、所属事務所を通し謝罪のコメントを発表した。

 小林氏は芸人時代のコントで「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」などと表現し、ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を連想させる発言をしていたこと問題視された。

 片桐は「この度は、23年前のラーメンズのコント内での極めて不適切なセリフにより、多くの方々に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「当時、差別的な表現や不謹慎な言い回しに対する意識が低く、それによって不快な思いをする相手の方がいることを、想像出来ていませんでした。若気の至りとは言えない、非常識な人間だったと思います」と続けた。

 さらに「皆様のご指摘により、そのことに改めて気付かされ、事の重大さに気付かず、自分自身が演じてしまったことを反省しております」として「今後、二度とこのようなことがないように、表現をする際には、一度立ち止まって考えることを心がけたいと思います」と表明。「大変、申し訳ありませんでした。片桐仁」と締めた。

関連タグ: