米山隆一氏が中山泰秀氏の“通報”を疑問視「日本の防衛副大臣としてどうなんですか?」

2021年07月22日 17時34分

中山泰秀副大臣

 前新潟県知事で弁護士の米山隆一氏(53)がツイッターを更新。東京五輪・パラリンピックのショーディレクターと務める小林賢太郎氏が解任された問題で、ユダヤ系団体に通報していた中山泰秀防衛副大臣の行動を疑問視した。

 中山副大事はフォロワーからの投稿で小林氏が過去にホロコーストをやゆしたコントしていたことを知り「早速サイモンウィーセンタールセンターと連絡を取り連絡をしました」と投稿。これを受け、同団体から抗議声明が出された。

 しかし、米山氏はこの経緯について「これ幾ら何でも日本国の防衛副大臣としてどうなんですか?」と疑問視。

 さらに「問題があるのは当然ですが、立場上それはまず日本国政府で解決すべき問題で、ドヤ顔で『サイモンウィーゼンタールセンターに連絡した!』とか言う事ではないでしょう。日本政府よりユダヤ人団体を優先する副大臣など明らかにおかしいと思います」と中山副大臣の行動に異議を唱えた。

関連タグ: