小山田いじめ炎上で得した?石橋貴明「ひっそり離婚発表」…それとも興味なし?

2021年07月20日 06時15分

石橋貴明
石橋貴明

 週末から週明けにかけてネット上の話題は、ミュージシャンの小山田圭吾と、高校野球の米子松蔭高校に集中した。これにより「得をした」と言われているのが、「とんねるず」の石橋貴明(59)だ。

 東京五輪・パラリンピックで、開会式の楽曲制作を担当する小山田は、過去に障がい者に対する〝いじめ自慢〟を雑誌インタビューで話していたことで大炎上。19日に加藤勝信官房長官が「組織委員会が適切に対応することが重要だ」と辞任を促すような発言をすると、実際にこの日になって辞任した。

 また、学校関係者1人に新型コロナの感染者が出て、全国高校野球選手権鳥取大会の出場を辞退した米子松蔭高校は、19日に一転して復帰が認められた。この件については、「試合をやらせてあげるべき」とネット上で大きな話題となったことが、大会復帰の決め手となったのは間違いない。
 一方、石橋は16日、自身のユーチューブチャンネルで、女優・鈴木保奈美との離婚を発表した。この報告は16日午後9時ごろにアップされ、翌17日午前9時には削除された。

「報告を金曜の夜に設定したのは、土日はワイドショーの放送がないこともあったのだろう。その結果、週末は小山田と米子松蔭高校の話題ばかり。週明けの19日に石橋の離婚を取り上げるワイドショーもあったけど、それほど話題になっていなかったし」(テレビ局関係者)

 そういう意味では「石橋の作戦通り」と言えなくもないが、一方でこんな声もある。

「それだけ石橋の人気が落ちたということ。テレビのレギュラーはなくなり、いまは主戦場をユーチューブに移している。相方の木梨憲武との差は歴然だから」(芸能プロ関係者)

 確かに昔の石橋なら「なぜ離婚したのか?」と詮索されるのが当然だが、いまの状況で興味を持つ人は、ほとんどいないということか?

関連タグ:

ピックアップ