【東京五輪】福島産食材拒否や反日横断幕…韓国選手団はナゼ火種作る? 

2021年07月17日 11時30分

東京五輪の選手村
東京五輪の選手村

 東京五輪本番を目前にして、韓国選手団があえて火種を作っている。韓国選手団は大会中の食事について、福島県産の食材を拒否し、独自に弁当を手配すると、複数の韓国メディアが報じている。また、選手村入りした韓国選手団は、居住棟のベランダに国旗とともに「『臣にはまだ5000万国民の応援と支持が残っております』」と横断幕を掲げた。この言葉は「反日の英雄」とされる李舜臣将軍の言葉をもじったものだ。

 平和の祭典のはずなのになぜ、事を荒立てるのか。韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「弁当に関しては完全ないやがらせです。福島産食材の安全性については科学的データが証明しています。これを危険視するということは、韓国のオリンピック委員会がいかに非科学的なのかを表しています」

 そもそも、韓国は東京五輪を“放射能五輪”と呼んでネガティブキャンペーンを繰り広げ、五輪公式ホームページの地図に竹島(韓国名・独島)が描かれているとして出場ボイコットをほのめかしていた。

「そんなことをしていた手前、反日のいやがらせをしないと国民に示しがつかないのでしょう。だいたい、出場ボイコットなどできっこないのです。もし不参加なら、記録上は韓国のメダルはゼロになってしまいます。日本にコンプレックスを抱いている彼らにとって、それは屈辱の上塗りです。メダリストに与えられる特権の兵役免除もなくなります」と但馬氏。

 韓国の五輪選手が判定を不服としてゴネまくる姿はおなじみの光景となっている。但馬氏は「なぜあそこまでゴネるかといえば、兵役免除というエサがかかっているからです」と言う。

 また、李舜臣の横断幕に関しては、明らかな五輪の政治利用だ。

「韓国人はスポーツの国際大会は政治利用の場だと思っています。サッカーでゴールを決めた選手が『独島はわが領土』と書かれたプラカードを掲げたり、WBCでマウンドに太極旗を立てたりするのは、その典型例です」(同)

 韓国が今後、東京五輪で何をやらかすか。最後まで予断を許さない。

関連タグ:

ピックアップ