西村康稔大臣に続き今度は下村博文氏が「ワクチン不足は風評」発言 蓮舫氏絶句「え?」

2021年07月13日 18時13分

自民党・下村博文議員
自民党・下村博文議員

 西村の次は下村か…。自民党議員の舌禍が止まらない。

 自民党の下村博文政調会長が13日、党の新型コロナウイルス感染症対策本部などの合同会議で、ワクチン供給に関し「足らないという風評が広がっていることも事実だ」と発言した。

 下村氏は、供給したものの接種されていない市中在庫を活用することが重要と指摘。「結果的には政府、自民党の責任ということで、都議会議員選挙もその影響があったのではないか」と述べた。

 ワクチン接種を巡っては、実際に不足を訴え予約制限を行っている自治体がある。1回目の接種はできても2回目が「未定」という人も多い。

 ネット上では「現実見ろ」「自分は接種済んでるからいいよな」と批判を呼んでいる。

 立憲民主党の蓮舫氏も13日、自身のツイッターに下村発言を伝えるニュース記事を貼り付けた上で「え?」と絶句ツイート。

 自民党議員の舌禍で言えば、酒類の提供停止の要請に応じない飲食店に対し、「金融機関から順守を働きかけ」発言で、大炎上した西村康稔経済再生担当相の例が記憶に新しい。

 同氏は同日、ツイッターを更新し「新型コロナ対策にご協力頂き感謝申し上げます。この度は感染拡大を抑えたいとの強い思いからではありますが、私の発言で混乱を招き、特に飲食店の皆様に不安を与えることになり、趣旨を十分に伝えられず反省しております。今後協力金の早期給付の仕組みを導入するなど支援に万全を期してまいります」と謝罪。この日の閣議後記者会見でも「私の発言で混乱を招き、不安を与えてしまった」と頭を下げた。

関連タグ:

ピックアップ