妻夫木聡 サマージャンボ7億円当たったら「山買って自分のキャンプ場つくる」

2021年07月13日 17時58分

左から兼近大樹、妻夫木聡、吉岡里帆
左から兼近大樹、妻夫木聡、吉岡里帆

 妻夫木聡(40)、吉岡里帆(28)、EXITの兼近大樹(30)が13日、オンラインで「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ」発売記念イベントに出席した。

 この日から8月13日まで全国同時に発売される「サマージャンボ宝くじ」は1等・前後賞合わせた賞金額が7億円、「サマージャンボミニ」は同5000万円だ。今回、CMではおなじみの妻夫木、吉岡に加え、兼近がゲスト出演する。

 3人は夏らしい浴衣姿で登場。「もし7億円が当たったら?」と問われると、妻夫木は「キャンプしたいなと思うんですけど、いっそのこと山買います! 富士山が見えるところで。自分だけのキャンプ場も作って」と豪快に語った。

 すると、それに合わせるように吉岡が「その整備された山に花火職人さんを呼んで、花火大会を個人で楽しみます」と、これまたぜい沢な夢を披露。

 さらに兼近が「その花火が打ち上げられるところでナイトプール作りますよ! あと金閣寺を持ってきてブラックライトで照らします」と畳みかけ、笑いを誘った。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ