大逆風! 福原愛さんが台湾向け離婚声明に付け加えた「法的措置」の一文

2021年07月10日 05時15分

台湾で大炎上している福原愛さん
台湾で大炎上している福原愛さん

 一件落着とはいかないようだ。台湾の卓球選手・江宏傑(32)との離婚が成立したにもかかわらず、まったく姿を見せない卓球元五輪メダリスト・福原愛さん(32)への風当たりが台湾でさらに強くなっている。

 福原さんと江は8日に離婚成立を発表し、主に台湾で生活する2人の子供は共同親権の〝円満解決〟となった。しかし台湾各メディアは福原さんが、騒動発覚後に一度も台湾に戻ってこなかったことを問題視。事情通の話として、今後も当面は台湾を訪れる機会がないと伝えた。

 その上で「三立新聞」は「実母の帰国時も、子供の誕生日にもおらず、離婚問題もすべて弁護士任せで一度も台湾に戻ってこなかった。今後も戻る計画がないというのは、残酷に感じる」。「蘋果日報」は「これまで一度も戻ってこないのに、子供の面会など絵空事」と報じるなど一斉に非難した。

 福原さんは8日に所属事務所を通じて江と共同で離婚成立についての声明を発表したが、日台で微妙にニュアンスが異なっている。台湾での声明では「悪意を持って捏造(ねつぞう)した報道には法的措置を取る」と、くぎを刺す文言が加わった。

 その一方で、福原さんは中国にだけは自身のSNSという〝肉声〟で「ずっと励ましてくれた中国のファンのみなさん、ごめんなさい」などと感謝の気持ちを吐露。これによりさらに台湾で印象を悪くした格好で「日本には謝り、中国ファンには感謝し、台湾には警告した。中国行きを決めたようだ」(蘋果日報)と、そっぽを向かれてしまった。

 台湾ではすっかり〝ヒール〟扱いだが、メディアの過熱ぶりは日本以上だ。台湾に戻れば、そのエジキになるのは火を見るよりも明らかなだけに、訪台に二の足を踏んでいる可能性もある。子供たちと会うためには難しい決断を迫られそうだ。

関連タグ:

ピックアップ