イコラブ&ノイミー新成人 2000年五輪開催地はオーストラリアのどこ?に「ブラジル」「チリ」

2021年07月09日 22時19分

左から山本杏奈、野口衣織、高松瞳、冨田菜々風
左から山本杏奈、野口衣織、高松瞳、冨田菜々風

 指原莉乃プロデュースの2つのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の高松瞳(20)、野口衣織(21)と、「≠ME(ノットイコールミー)」の冨田菜々風(20)が9日、東京・天王洲銀河劇場で「真夏の合同成人式」を開催。ファンクラブから抽選で選ばれた40人が見守った。

 当初1月に行われる予定だったが、コロナ禍で延期に。司会はイコラブのリーダー・山本杏奈が司会を務めた。

 イベントでは3人が成人になった抱負を、自身の名前を頭文字にした「あいうえお作文」で発表。高松は「『ひ』、ひなたのように。『と』、とびきり笑顔で『み』、みんなを明るく!』」と笑顔で語った。

 ボックス内のトークテーマを引き、そのテーマについて語る「新成人トーク」コーナーでは、「内緒」というお題に、高松と野口は「内緒にしている話は、まったくない!」。一方、冨田は「レッスン時にケータイが落ちていて、うっかり踏んでしまったんですが、実はそのケータイは(メンバーの)鈴木瞳美のモノだったんです。まだ内緒にしてます」と明かし、会場の笑いを誘った。

 その後、大人の女性なら分かるはず?の一般常識にチャレンジするコーナーで、司会の山本から「(野口と冨田が)生まれた年、2000年のオリンピック開催地は?」というお題が。答えられない3人にさらに「オーストラリアのどこでしょう?」「どの都市?」などとヒントが与えられたが、野口が「ブラジル」、冨田が「チリ」と答えるなど珍回答を連発した。

 最後、野口は「地元での成人式に出席できなかったので、振り袖を着れるこの日をすごく楽しみにしていました。皆さんこれからも応援よろしくお願いします! そして、コロナが収束した際は、ぜひ3人で飲みに行きたいね!」と、新型コロナ終息を願いつつイベントを終えた。

関連タグ:
 

ピックアップ