元役員秘書の川瀬もえが日本RQ大賞新人部門3冠獲得!「お芝居やラジオにも挑戦してみたい」

2021年07月05日 18時35分

「日本レースクイーン大賞2021」新人部門グランプリなど3冠に輝いた川瀬もえ
「日本レースクイーン大賞2021」新人部門グランプリなど3冠に輝いた川瀬もえ

 タレント・川瀬もえ(27)が4日に開催された「日本レースクイーン大賞2021」の新人部門グランプリに輝いた。

 川瀬は同賞の新人部門実行委員会特別賞、新人部門メダリストも獲得。喜びの3冠獲得コメントが発表された。

 ――日本レースクイーンクイーン大賞2021新人部門グランプリを獲得

 川瀬 ありがとうございます! 歴史ある素晴らしい賞をいただけて光栄です。新人賞グランプリを目指して今日まで一日一日を大切にしてきました。SNSでの発信や毎日SHOWROOM配信したり、自分で1から企画を起こしてレースクイーンとして個人イベントを行ったりもしました。その中でたくさんの出会いがあって、新人賞に向き合った時間が私をレースクイーンにしてくれました。その時間は私にとってすごく特別で大切な時間だったとグランプリを頂いて改めて感じています。応援してくださる皆さんが高い熱量で応援してくれたからこそ、このグランプリは皆さんが私を応援してくださった証しです!

 ――3冠に輝いた

 川瀬 まさか3冠もいただけるとは思わなくてすごくうれしかったです! どの賞も特別な思いがあります。グランプリが本当にうれしいのはもちろん、レースクイーン大賞実行委員会の皆さんが今後の活躍に期待する気持ちから川瀬もえを選んでくださったという思いにも胸がいっぱいになりました! こういうご時世の中で私自身もまだ一度しかサーキットには行けてなくて、誰しもが不安の中で過ごす日々だと思うんですけど、そんな中でも新人賞に参加させていただいて本当に良かったです。応援してくださる皆さんと新人賞という一つの目標に向かって全力で向き合った時間は私にとって宝物になりました。

 ――レースクイーンになろうと思ったきっかけ

 川瀬 私が所属するゼロイチファミリアという事務所の先輩である川崎あやさんや林ゆめさんは過去にpacificfairiesレースクイーンになって数々の功績を残してきた歴史があります。後輩としてそんな先輩方の背中を見てきました。先輩方に共通してるのは、ビジュアルはもちろん、本当に人柄がすてきだということです。学ぶことが本当にたくさんあり、そんな先輩方に憧れてレースクイーンになりたいと思いました!今年の年始にレースクイーンのお話をいただいて、そして2021年のグランプリに選んでいただけて本当にうれしいです。

 ――今後の目標

 川瀬 レースを盛り上げていきたいという気持ちはもちろん、私自身もますます活躍の場を広げていきたいです。今まで以上に川瀬もえが活躍することがレースクイーンとしてレースの世界を盛り上げることにも直結してると思うので、皆さんに今まで見たことのない川瀬もえをもっと発信していきたいです! 私は漫画もゲームも好きだし、お芝居も好きだし、ラジオを聴いて育ったラジオっ子でもあるので、声を生かす仕事であるお芝居やラジオにも挑戦してみたいです。

 ――応援してくれた方々へひと言

 川瀬 今回頂いた3冠、グランプリに恥じないように、ますます活躍していきたいと思っています。毎日私を応援してくださった皆さん、私を選んでくださったパシフィックさん、たくさん支えてくださったゼロイチファミリアの皆さん、本当にありがとうございました! 今回グランプリに選んでいただいた川瀬もえ、そして私の所属チームであるpacificfairiesはもちろん、GTの新人レースクイーンはみんなそれぞれ美しくて魅力的なので、ぜひレースクイーンにも注目してください。


 某企業の役員秘書をしていた川瀬は2019年12月に桃月なしこ、黒木ひかりら美女ぞろいの芸能事務所「ゼロイチファミリア」に所属。苦手だったSNSを積極的に更新。水着だけでなく制服、浴衣などの自撮りショットが評判になり〝キレイなお姉さん〟代表と呼ばれている。

 現在はラウンドガールユニット「K―1GIRLS2021」、レースクイーン「Pacific Fairies」として活動。2月19日に発売したファーストDVD「VenusFilm Vol,10」は販売サイトで1位を獲得。次作も決定している。

関連タグ: