麒麟・川島明がイライラ爆発 低迷「ラヴィット!」で企画にダメ出しも

2021年07月01日 05時15分

プレッシャーのかかる麒麟・川島明

 お笑いコンビ「麒麟」川島明(42)のイライラが止まらない。原因はMCを務める朝の情報番組「ラヴィット!」(TBS系)だ。マジメな性格であるがゆえに低視聴率に責任を感じ、川島は現場でもずっとピリピリしているというのだ。企画に次々とダメ出しするほど追い込まれている。

 今春始まったばかりの「ラヴィット!」だが、世帯視聴率は一時1%台に落ち込むほど低迷し、放送開始から連日、低視聴率がニュースになったほど。日に日に川島の顔から明るさが消えていったという。

「低視聴率のため、1年半で終わった『グッとラック!』の後番組とあって並々ならぬ思いだった川島だが、まさかの前番組以下の数字を叩き出してしまい顔面蒼白に。元気がどんどん無くなり、いつも思いつめた表情でスタジオにいますよ」(TBS関係者)

 確かに「ラヴィット!」は「グッとラック!」と同様、時にはそれ以下の視聴率だが、その一方で「コア視聴率は『グッとラック!』より上がった」と言うのは別のTBS関係者。ただ「それを川島に伝えても焦りがなくなることはなく、声を荒らげて企画にダメ出しすることも。それほど追い込まれています」。

 コア視聴率とは、主に子供~49歳を対象にした視聴率のこと。ダウンタウンの松本人志がツイッターで「コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです」と言及したことで、世間的に一気に広がったワードだ。

 確かにいま、テレビ各局は世帯視聴率よりもコア視聴率、個人視聴率を重視している。もちろん川島もそれは分かっているのだが、いくら「グッとラック!」以上といっても低いことには変わらず、責任を痛感してどうしてもイライラしてしまうようだ。

 秋にスタートする、安住紳一郎アナがMCを務める平日早朝の新番組「THE TIME,」(金曜MCは香川照之)と番組合併なんて話まで出ていた「ラヴィット!」だが、これまで通りの形で番組存続は決まった。

「安住の新番組の放送枠を延長し、『ラヴィット!』の開始時間を遅らせるという報道もあったが、これまで通り午前8時開始のままです。そういう案がTBSで持ち上がったのは確かですが、安住があまりにも長い枠は嫌がったみたいです」(前同)

 川島は先月、自身のラジオ番組で、医師の診察の後に薬剤師からも「どうされました?」と重ね聞きされると、怒ることではないのにブチ切れてしまうと告白し、炎上してしまった。こんな小さなことでもイライラしてしまうのも、「ラヴィット!」の低視聴率が原因となっているのだろうか? 小さなことにも腹を立てず、リラックスした日々を過ごすには視聴率の上昇しかなさそうだ。

関連タグ: